Integrated Cranial Biodynamics

クラニオ・バイオダイナミクス

The Intelligence of the Body always knows what it needs.

Cranial Biodynamics is a way of “listening.” The facilitator places their hands on different parts of the body, often including but not limited to the head, the sacrum, the feet, the diaphragms, with the very light touch called the “5-gram touch,” and listens to different systems, flows, and movements in and of the body, and above all, the person’s being.

When we listen with an open heart, without judgment, expectation, or pre-concieved ideas, what needs to arise arises naturally in the space held.

It might be sensations, movements, or memories, stories…

No matter what it is, if we just allow it to happen and simply be with the experience, the breath of life comes through and change, or healing, occurs.

It’s something we, facilitator and client, practice together.

And, if we let it, the process that starts is likely to go on well beyond the duration of the session.


体の「内なる知性」は、いつも、いま何が必要かを知っています。

クラニオ・バイオダイナミクスのエッセンスは「聴く」ことです。
ファシリテーター(施術者)は、「5gのタッチ」と呼ばれるやさしいタッチを通して、体の様々なシステムの動きや流れ、そしてクライアントの存在に耳を傾けます。

ジャッジメントや先入観のないひらかれた状態で「聴く」ことが起こっている時、そのスペースの中で、あらわれる必要のあるものが自然にあらわれてきます。

それは体の感覚や動きかもしれないし、古い記憶やストーリーかもしれません。

どんなものであれ、あらわれてきた体験とただともにある時、体と心、生命の潜在的な可能性が輝き始めます。

それは、「聴く」側と「聴かれる」側の共同作業でもあります。

そのプロセスは、セッションが終わってからも、時間をかけて続いていくこともめずらしくありません。