Cranial Biodynamics

Cranial Biodynamics is a way of “listening” to all systems, flows and movements in and of the body and the whole being of a person. The facilitator places their hands on different parts of the body, often including but not limited to the head, the sacrum, the feet, the diaphragms, with the very light touch called the “5-gram touch,” and listens. There is no “doing” or “fixing.” Rather, the facilitator is there to support the body’s innate intelligence, as the body always knows best what it needs.

When a safe space is held, we are seen and listened to without any intention, expectation, and judgment, it allows the body to do its own work. There may be deep relaxation and/or sleep, thoughts or memories coming up to the surface, sensations, movements, etc... When we allow it to happen and stay with it, change happens.

 

It is a wonderful, non-invasive yet possibly profound way to be more in tune with our body and touch the potential within.

クラニオ・バイオダイナミクスのエッセンスは「聴くこと」です。
ファシリテーター(施術者)は、「5gのタッチ」と呼ばれるやさしいタッチを通して、体の様々なシステムの動きや流れ、そしてクライアントの存在のすべてに耳を傾けます。

ファシリテーターの意志で何かを「直そう」としたり、変えようとはたらきかけることはなく、体が本来持っている自然治癒力がその時に必要な調整や変化をもたらすサポートをします。

 

体の「内なる知性」は、いつも、いま何が必要かを知っています。

 

意図や期待やジャッジメントのない安全なスペースが提供された時、私たちの体は自然に必要な働きを始めます。深いリラックス状態になったり眠ってしまうこともあるし、思考や記憶が浮き出してくるかもしれません。いろいろな感覚や動きを体験するかもしれません。

 

それが何であれ、体がもたらす体験と共にある時、変化が起こります。

 

体と心、生命の潜在的な可能性が引き出され、輝き始めます。

hiraku

Cranial Biodynamics & Chinese Foot Reflexology

hirakucranio@gmail.com