Listening at Distance

遠隔セッション

​An experience of a distance session may be quite similar to that of an in-person cranial biodynamics session, though without actual touch. (That is why I call it “listening at distance.”)

Just as in an in-person session, it is the client’s body and life force that is at work. The body has innate wisdom and ability to heal and evolve. The facilitator’s job is to support that innate wisdom by being present and listening through frequency.

Without the facilitator not being physically in the same space, a distance session might offer the client an opportunity to listen to and feel the wisdom of the body even more clearly and intimately.

How it works

Before the session starts, find a quiet space where you feel safe and can stay uninterrupted during the session. I would recommend turning off the notifications on your phone. Dress comfortably. Relax and wait for the session to begin.

Right before I start, I will send you a message to let you know the beginning of the session. There’s no need for you to respond. You can, of course, if you want to!

Just like in an in-person session, I do not “do” any energy-sending or fixing but simply listen through frequency to your body and being to support the innate healing ability to bring about necessary changes and adjustments.

Turn off the busy-ness in your head and feel what is happening in the body. Don’t “try” to feel anything. If you feel sleepy, it is absolutely okay to fall asleep. Allow what happens to happen. Even if you may not understand what is happening intellectually, the body’s innate intelligence is at work.

The session lasts for about 30 minutes.

At the end of the session, I will send you a message to let you know that it’s finished. There’s no need to respond to the message. You can, again, if you’d like to. You can also call or message if you would like to talk.

​The process that starts in a session often continues after. If you can, give yourself enough time to relax and feel what is happening.

Payment

I accept payments by bank transfer (Japanese bank accounts only) and PayPal. Details will be shared in the booking confirmation email.

​To book a session or inquire, email at hirakucranio@gmail.com


​遠隔セッションは、対面のクラニオのセッションととても似た感覚がありますが、実際のタッチが含まれないので、hirakuでは「リスニング」セッションと呼んでいます。

​対面セッションと同じように、セッション中にはたらいてくれるのはクライアントご自身の体と生命の力です。私たちには、自らを癒し、進化していくための力が本来備わっています。ファシリテーターの役割は「聴く」ことでその力が発揮されやすいようにサポートすることです。

​遠隔セッションでは、物理的にファシリテーターが同じ空間にいない分、よりリラックスしてご自身の体とつながり、体の声に耳を傾けて、内なる力のはたらきを感じていただけるかもしれません。

◎セッションの流れ

予約当日、開始時刻が近づいたら、中断が入らない居心地のいい安全なスペースを準備してリラックスしてお待ちください。電話の通知などは切っておくことをおすすめします。

開始時刻になりましたら、メールやラインで「はじめます」と一言お知らせしてセッションを開始します。ご連絡への確認や返信は不要です。返信したい場合、伝えたいことがある場合は、もちろん返信してくださってかまいません。

対面セッションと同じく、ファシリテーターはエネルギーを送ったり何かを「治そう」とすることはありません。振動数と共鳴する感覚を通して、体の様々なシステム、動きや流れに耳を傾け、自然治癒力が必要な調整や変化をもたらすことをサポートします。

セッション中は、頭のはたらきを休めて、体の感覚に意識を向けてみてください。無理に集中して何かを感じる必要はありません。眠くなったら、寝てしまってももちろん大丈夫。頭では感じられなくても、体の「内なる知性」がはたらいてくれています。

セッションの時間は通常、30分ほどです。

セッションが終了したらメールやラインで一言ご連絡をいたします。
こちらも、確認、返信は不要です。もちろん、返信してくださってもかまいません。お話したい場合は、メールや電話でご連絡ください。

​セッション中に始まった変化のプロセスは、その時間が終わったあとも何らかの形で続いていくことがほとんどです。可能であれば、リラックスしたまま必要なだけ時間をとって、起こっていることを感じてみてください。

◎お支払いについて

銀行振込、PayPalで受け付けています。ご予約時に情報をお伝えします。
お支払い後のご連絡は不要です。

​ご予約、お問い合わせは hirakucranio@gmail.com まで。